2012年01月21日

バレエや新体操の柔軟ストレッチには?

柔軟体操のやり方 八田永子の効果
柔軟八田05.png
たったの3分で、立ったまま床に手がぴったりとつくようになるにはこちら!



柔軟やストレッチなんで、今まで頑張ってみたけど、体が柔らかくなるどころか、

筋を痛めるだけでなんの意味もなかった。。。という経験が、あなたもありませんか?


無理に筋や関節を伸ばすようなストレッチは、実は絶対にやってはいけない柔軟です。


柔軟体操とは、筋を伸ばすようなイメージがありますが、体の仕組みを機能解剖学から考えると、

コリをほぐすというのが正しい考え方であり、やり方です。


実際にコリをほぐすという発想を元に考案されたストレッチ方法を実践した方の90%以上を効果を実感し、

早い人であれば、3分もあれば立ったまま床に手がぴったりとつくようになります。


ちなみに、考案者の八田さんは、北京・アテネオリンピックのシンクロナイズドスイミングのチームから依頼を受けて、

オリンピック強化選手にもこの方法を伝授し、自身のスタジオではこれまで300人以上がこの方法で日々、エクササイズを続けています。

八田さんの経歴はこんな感じです。


八田さんの柔軟ストレッチは、部分を柔らかくしたいならそれにつながる周辺を動かす、ほぐすというものです。


そして、その周辺につながる周辺をさらに動かす、ほぐすということをやっていきますので、結果的に、体全体を動かし、ほぐすようになります。


具体的には、

■すね周りに付いた最強の筋肉を柔らかくする方法

■ふくらはぎのほぐしの技術

■タオルを使った足裏改造で、「扁平足」、「外反母趾」を矯正する方法

■ケガをふせぐ、足首のほぐし方


などなど、すぐに実践できる内容で、60分で膝を落とし前屈でおでこを床に付けることができるようになります。


柔軟八田08.png
テニスボールストレッチ法の様子です。詳しくは→


八田さんの柔軟ストレッチ法なら、これまで何をやっても体が柔らかくならなかったあなたでも、

全身がテロンテロンになるくらい柔らかくなります。


体が柔らかくなれば、バレエや器械体操をやっている人ならば、演技にしなやかさが生まれますし、

スポーツをやっている人ならば、いつもよりも体がスムーズに動くのを実感できると思います。


また、全身のこりがほぐれることで血行が良くなり、冷え性改善や座骨神経痛の予防にもなります。


2011年9月追記

八田先生のマニュアルは公開終了となったものの、八田式の効果を上回る最新のストレッチマニュアルが兼子ただしさんによってリリースされています。


strechkaneko05.jpg



兼子ただしさんのストレッチについて、
こちらを読めば、詳しく解説が載っています

strechkaneko07.jpg




柔軟体操のやり方 八田永子の効果
視力回復 田中謹也 ネタバレ
あがり症克服対策金井英之ネタバレ
posted by 八田永子 at 14:33| 体験談や評判で効果を徹底検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。